並んだ薬

性器に関する悩みというのは深刻なものです。
友人や親にも相談するのが難しいですから、ついつい1人で悩んでしまいがちです。
性器の悩みに関する悩みを持っている場合はまずは医療機関に相談に行くと良いです。
医師と話し合いをすることによって改善の第一歩に繋がります。

性器に関する悩みはクラミジアやHIVなどの性病がありますが、男性の場合は「ED」もあります。
EDというのは勃起不全や勃起障害という意味がありますが、症状は人それぞれで勃起が全くできなかったり、硬さが十分じゃなかったり、勃起できる時間が短かったり、といったものがあります。

そのEDの中でも一番多い症状が「中折れ」です。
中折れというのは性行為の途中で勃起を維持することができなくなる状態です。中折れを一度経験してしまうと、それがトラウマや不安となってしまいます。
そのトラウマや不安から再度中折れになるという悪循環になってしまうのです。

心因性が原因のEDの場合はすぐに症状があらわれるのではなく、徐々にあらわれる場合がほとんどです。
そのひとつの判断基準となるのが朝立ちです。朝立ちというのは眠っている時の生理現象のことで、眠っている際に勃起していることを言います。
朝立ちは浅い眠りの時だけに起こるもので、深い眠りの際に起こることはありません。
ですからEDじゃなくても朝立ちをしないということもあるのですが、EDになると確実に朝立ちをする割合が減っていきます。
そういったことからもEDという判断をすることができます。

性行為の際に中折れをする回数が段々増えてきたり、パートナーを変えた場合でも中折れするという場合はEDの症状は進んでいます。

EDが始まったばかりであったり、軽度のEDの場合はED治療薬を服用することでほとんど改善することができます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031